2015年12月10日

ハネムーナーにおススメ!アフリカ旅行レポート♡

今回は6月に私が行ったアフリカ旅行のレポートを行いたいと思います。

アフリカと聞くと、まず“危ない”と思われる方が多いのではないでしょうか。

しかし、場所と時間によってはアフリカということを忘れるくらい、平和な所もあります。

私が訪れたケニアとタンザニアは、エボラも発生しておらず、街によっては治安も安定していました。

その中でも特におすすめな2か所をご案内したいと思います。

 

その①マサイマラ国立公園でサファリ

サファリは基本的にナイロビより車で出発し、ロッジなどに泊まり、数日ゲームサファリと呼ばれる、サファリのドライブをした後、再びナイロビに戻ります。

 

1日目は、朝ナイロビを出発し、車で5-6時間でマサイマラ国立公園へ到着します。

車で5-6時間ときくと、遠い道のりのような気もしますが、ケニアはサファリなどの観光に力を入れているため、意外と道路などのインフラは整っています。

ナイロビの市内より1時間程で、景色が変わっていき、気づいたら大自然が広がっています。

↑途中の休憩所からの景色は圧巻です。

 

どこからが国立公園のエリアかが正確には分かりませんでしたが、宿泊地に近づくにつれて、野生の動物が増えてきます。

ヒヒ

↑こちらは道端にいたヒヒです。

日本では道端にヒヒを見かけることなどないので、大物を見る前から大興奮です!!!

牛の群れ

↑こんな牛の群れに行く手を阻まれることも!笑

次はどんな動物が現れるかななどとワクワクしている間に、宿泊地に到着しました。

キャンプ

宿泊地はこんな感じのテントです。

テントと言っても自分たちで建てるようなテントと違い、土台もしっかりしており、中にはベッド+蚊帳とシャワー・トイレがあります。蚊帳と言ってもマサイマラは標高がすこし高いので、蚊はほとんど見かけませんでした。私は節約旅行だったのでキャンプにしましたが、ハネムーンなどの記念日旅行には高級ロッジの宿泊もおススメです。

その後、オプションで追加したマサイ族の村を訪れました。

マサイ

最初はこんな感じの歓迎のダンスなどを披露してくれます。

雄たけびをあげたりして一緒に飛んだり跳ねたりできるので、なかなか面白かったです。

その後は、村の中に入り、村での生活の様子を見学します。

マサイ族は定住ではないので、数年おきに村ごとお引越しをするのですが、それぞれの家を建てるのは男性たちのお仕事です。

そんなに大きくないとはいえ、マサイの男性はたくましいですねー!

そうそう、マサイの男性の中に、ものすっごく多くな耳たぶをしている人がいたんですよ!

マサイの耳

どうやらこの穴にはお皿を通しておめかしするみたいなのですが、すごいですよね!!!

私は、大興奮してしまい、何度も触らせてもらいましたが、大分照れていました。

この日は、マサイの村から帰り、晩御飯を食べ星空観賞をしました。

残念ながら写真はありませんが、大自然の中での星空は、街中では決して見ることのできないような、小さな小さな星まで見えて、とっても感動しました。

 

2日目は朝からゲームサファリへ出かけました。朝早くに出発し、マサイマラ国立公園のゲートで管理されたエリアへと入ります。ゲートでは公園への入場料がかかりますが、これはツアー代に含まれていることがほとんどです。朝の時間帯はゲート前で大渋滞が発生しますが、その間にマサイの女性たちが色々と民芸品を販売に来ます。少ししつこいかもしれませんが、もちろん値切ったりできるので、それはそれでいい暇つぶしになります。

そしてゲート内に入ると、いきなり動物がたくさんいます!!!

この日はほぼ一日サファリだったので、たくさんの動物を見ることが出来ました。

私が見た動物たちの写真です↓↓↓↓↓

イボイノシシインパラウォーターバッファロー

カバカンムリヅルキリン

シマウマゾウの群れゾウ

ヌーチータートピ

インパラダチョウ

 

などなど、まだまだ写真はたくさんありますが、メインはこんな感じです。

3日目は早朝にゲームサファリを行い、宿に戻って朝食を食べた後、ナイロビ市内へ戻りました!

私は2泊3日のサファリに参加しましたがいろいろな動物を見ることができ、大満足です。

ただ、サファリはものすごーーーく楽しいので、時間に余裕のある方は3泊4日がお勧めです♪

 

その②東アフリカの極上リゾート、ザンジバル島です。

ザンジバル島ってあんまり聞いたことがないと思いますが、ヨーロピアンたちからはとても人気があり、ケニアやタンザニアのサファリと組み合わせがしやすいので、とってもお勧めです。

なんと、フレディー・マーキュリーの故郷でもあるんですよ!

現在は、タンザニア領ですが、以前はイギリス領だったという歴史があります。

空港があるストーンタウンという街は、世界遺産にも登録され、迷路のような路地は歩いているだけでも面白いです。

 

リゾートホテルなどは島の北部に多く、私が泊まったロイヤルザンジバルというホテルも、北部にありました。

ストーンタウンからはタクシーで40-50分くらいだったと思います。

 

ザンジバル島のような、元イギリス領の国って、日本と同じ右ハンドルの所がおおいので、日本から払い下げられた中古車などをよく見かけました。

トラック

一瞬日本と錯覚しちゃいそうですよね。

 

話がそれましたが、ザンジバル島のほとんどのホテルがオールインクルーシブプランというものを採用しており、このオールインクルーシブプランというのは実質飲み食べ放題なのです!

私は食いしん坊かつ飲兵衛なので、楽しすぎました!

飲食費が宿泊費に含まれているので、精算の心配も不要です。

ロイヤル・ザンジバルホテルは、敷地が海に面しているので、海へのアクセスは楽々です。

見て下さい!青い海!!!!

ザンジバルザンジバル②

 

 

 

 

 

 

アフリカの海ってきれいなんですよ!

お部屋だってこんな天蓋付きのベッドです!!!

ホテル

スパなどの設備も充実していますので、ゆっくり、のんびり滞在できます♪

ちなみにレストランは何カ所かあるので、朝・昼・夜全部別々のレストランへ行くことだってできるので、食事は全然飽きませんでした。

 

そして、ザンジバル島にはすっごく有名なレストランもあります。

それが、このTHE ROCKというレストランです。

ザ・ロック

インターネットなどで写真を見たことがある!という方もいらっしゃるのではないかと思います。

私がお店に着いた時には、まだ膝くらいまでは海水につかっているような状態だったのですが、帰るころには引き潮だったみたいで・・・・

ザ・ロック②

岩がむき出しのからっから状態でした。

もし、ちゃんと海水につかっている時に行きたい!という方は、満ち潮、引き潮の時間を調べるといいかもしれませんね。

引き潮だと普通にあるいてレストランまで辿りつけちゃいます!!

お店の中の雰囲気も最高だったのですが、残念だったのは料理のお味。

パスタ

見た目は良かったのですが、味がイマイチでした。

しかし、お味を差し引いても絶景を楽しめるとなると、十分行く価値はありますので、是非予約の上訪れてみて下さい。

 

THE ROCK

http://www.therockrestaurantzanzibar.com/

 

以上、ハネムーナーの方にもおすすめできる、アフリカレポートでした。

お問い合わせお待ちしております♪

 

ビーチリゾート , 料理 , 旅ブログ

ブログの旅行先や知りたいこと、お気軽にお問合せください!

TEL.0776-52-6500

to Top